FC2ブログ

唄声の話

 声の話
私は 男性だと杉真理の声が好きですね。
高いところを胸キュンとするような声の伸び・・・すばらしい
同じくブレッド&バターの岩沢さんも同じ感じです。
あと三波春夫とか細川たかしの伸びのある艶っぽい声
そして一番好きな声はサムクックです。
艶やかでしなやかな美しい声 名曲「CUPID(キューピッドあの子を狙え)」を
聴くと誰もが納得・・・すばらしい。
もう一人は、50年代、超有名ドゥーワップグループ「ハートビーツ」っていうグループの
リードボーカル、ジェームズシェパードです。
鼻にかかったような声が堪りません。

女性なら山本潤子(引退表明らしいですね・・)吉田美奈子
由紀さおり・・・などなど
そしてローラ・ニーロ・・・すばらしい
透明感と高いところまでしなやかに伸びていくすばらしいさ・・最高ですね
スポンサーサイト



名曲は「よりそって二人」

ハイファイセットといえば あと・・・比較的有名でない名曲は「よりそって二人」
これはメロディー、コーラス、演奏、歌詞どれをとっても落涙、こころが洗われます。
イントロからもうやられてしまいますね・・・!!
歌に入って山本潤子さんの高音が・・その美しさといったら・・山本俊彦さんともう一人の方のコーラスもすばらしい・・・・・完璧ですね。

さて梅雨どきで暑い日が続くようになってきました。
心も穏やかに、健康で生きていることに感謝しています。よりそって二人


真夜中の面影 ハイファイセット

結構前ですが・・・ハイファイセットの
山本潤子さんの旦那さん 山本俊彦さんお亡くなりになりました 合掌

彼がリードボーカルの(たしか・・)「真夜中の面影」
この名曲大好きで、イントロのフワフワ感からメロディー
声の優しさ・・・そして歌詞もすばらしい・・・

もとのメロディーは、とあるソウルグループの「シューシューシャイン」という名曲
からインスパイアーされたんでしょうが・・・
「真夜中の面影」はため息までエコー(リバーブ 笑)がかかってすばらしい。

どちらからとなく別れ話となり 彼はドアを出て行く・・・
♪このまま歩いたら 君に出会う前の
  孤独なあの頃に 戻ってしまうけど・・・♪
というサビのメロディーが高まっていき この後潤子さんの高いコーラスが絡んでくる・・
すばらしいチューン!!

良かったら聴いてくださいね
ハイファイセット

夏旅 日記書きました

夏旅行ってきました 旅日記書きます

サンライズ出雲の運行日と会わなかったので、仕事してから夜新幹線で岡山へ、
一泊し翌日鳥取浦富海岸へ
これが素晴らしくきれいな透明度の高い水で・・・楽しい海水浴でした。
鳥取 浦富海岸

午後からは蔵の街・・倉吉の街散策・・そして三朝温泉へ宿泊 
私の泊まった旅館は親切で一人で泊めてくださるし、
掃除も行き届いていて、綺麗にしてある良い温泉旅館で建物は木造三階建という有形文化財。
また温泉も素晴らしい力強さで食事も部屋出し・・申し分なし。
三朝温泉のお湯は素晴らしいですね・・ラジウム泉みたいですね。

翌日は萩へ列車旅 日本海を右手に見て列車は気持ちよく走ります。いくつかのキレイな海岸や砂浜が見えて
なかなか・・いやとても素敵な列車です。
萩は海のそばの街なので海鮮料理がウリですね。 レンタサイクルで道の駅に行って海鮮丼いただきました。
美味しいく素晴らしかったです。
萩泊して、長州ファイブを確認して幕末から明治の長州歴史の確認しました。
あと明倫館学舎は素晴らしかったです。
昭和初期に建てられた尋常使用学校の校舎を使って、藩校明倫館の歴史。
それから城跡の美しさは良かったです。城跡の側が地元民の海水浴場で、観るとあまりに水がきれいで
ここも透明度高し・・ということでさっそく裸になって海水浴 笑顔)
冷たくて気持ちよかったです。
午後からはバスで山口市へ 湯田温泉の日帰り入浴施設に入りさっぱりして近くのすし屋さん
これが生け簀が真ん中にあり満員の客・・なんとか一人なので入れてもらい
鯖を一尾お刺身でいただきました。美味しすぎる・・流石山口県 美味しい鯖は以前大分でいただいた以来

山口市は瑠璃光寺の五重塔に感銘しました。美しいです。素晴らしい。
とまあこんな感じで速足の旅日記 一巻の終わり~~~っと 笑
失礼さんでございました・・

映画「ソロモンの偽証」を前後編 観ました

偶然テレビで深夜 宮部みゆき氏原作の映画「ソロモンの偽証」を前後編一気に観ました。
観終わったのはもう朝でした。長い作品、しかしこの長さは必要で、原作も長い作品であるから・・
前編二時間 後編二時間半 という長い作品ですが観ていて全くそう感じない。
というものテンポよくストーリーが進んでいくこと・・展開が巧いですね
監督成島出 脚本真辺克彦 お二人の実力のなせる業でしょう・・・素晴らしい。

原作は読んでないが、かなり原作に忠実とのこと 流石宮部みゆきさん凄いですね。
私はこの方と高村薫氏のお二人は本当にすごい作品を書いているのだな・・と感服しています。
(原作は読んでいませんが映画になった作品の力と作品の構成プロットが凄いので・・)

そして主人公の藤野さん・・ほとんど新人なので・・役の名前と同じ芸名を与えられたそうですが
島田陽子さんもデビュー作の役柄からお名前が当てられたとか・・
藤村志保さんもデビューが島崎藤村の作品だったので藤村をとって藤村志保とか・・

というわけで映画は原作は大変面白い作品で回りを固める大人の役の役者さんが
素晴らしい巧い方たちなので、作品にリアリティーと重厚さが補われています。
2015年 松竹配給作品
映画「ソロモンの偽証」を前後編
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ieie

Author:ieie
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード