FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近観た映画

久々に映画を観ました。
三本ほど・・
ひとつは、たまたま深夜にやっていて、
引き込まれて最後まで観てしまった「セッション9」。

古い(精神?)病院を市の公的機関に改築するために
仕事を引き受けた改装業者。
そこは青石綿とかが大量に使用されている建築物であった。
作業員の一人が地下の資料室から、一家殺害事件の犯行少女の
精神科医師の質問による供述テープを発見 
作業員は興味から、セッション1から9までの
テープを順次聴いていく・・・。
そして作業員のリーダーが、精神的な揺らぎを生じはじめる・・。
と言う作品。
ストーリーはたいしたことないのであるが・・、
その脚本と映像の持っていき方が・・なかなか・・
テープの少女と現代の改装作業との関連をどうするのか・・
と 見入ってしまったと言うわけです(笑)。

もうひとつは「カサブランカ」
これは有名だし、私も五回目くらいなので
細部の細部を観ると言う感じでした。
ドイツとフランスとアメリカ等の戦時中の関係が
今一度復習できました。

もう一本は、日本映画「暗夜行路」
そう志賀直哉の代表的名作ですね。
主演 池部良 山本富士子

私は原作の単行本二度ほど買って
いまだ人生で読んでいないのをずうーッと恥じていましたので
映画にて観ました(笑)
原作に忠実で、観ててつらい・・かな。
その出生の秘密から、人生に暗澹たる不安を将来に感じる主人公 時任謙作
幾多の苦悩を経験し、末に自我とは何かを問い続ける日々・・。
そんな話・・・でしょうか?・・。

志賀直哉も父親との長い不仲があり、
自分の人生を問い掛けた部分もあったのでしょうか・・
主人公の姓が示すような・・いつか時が解決してくれる・・といった意味もあるのでしょうか?
現在も悩み多き私にはちと難しい・・ですね(笑)。


スポンサーサイト
カレンダー
09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ieie

Author:ieie
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。