FC2ブログ

映画 「失われた地平線」

外は寒いので 映画を観ました。
「失われた地平線」
1937年の映画です。

実はこの映画は高校生の頃 映画館で
オリビアハッシーが出てたリメイク作品を観ています。
不思議な映画で、そのエンディングが印象的な作品でした。

題目どおり、地平線の彼方・・
険しい山々と雪に覆われたチベットの奥地に
存在すると伝え言われている、伝説の理想郷シャングリラ・・・。
そこへ迷い込んだ、一次大戦後動乱の中の西欧外交官と数人の人々が
織り成す人間模様を描いて、
現代社会である物質文明社会と、豊かな自然と精神の安寧のもと
平和に暮らすシャングリラの人々・・・。
その二律背反を現すことにより、
現代社会へのアンチテーゼを前面に出した作品といったところでしょうか。

しかし迷い込んだ一人の若者と、恋仲になったシャングリラの女性は、
外の世界を憧れニューヨークへ出て行こうとする・・・。

実はシャングリラは時間がゆっくりと進む、超長寿社会でした。
・・・・結末は、機会があれば、観て頂きましょう。

さて、私はこの映画を観て、思ったことは、
カール・ブッセの有名な詩・・です。

♪ 山の彼方の空遠く 
   幸い住むと人のいう
 ああ われひとと尋(と)めゆきて
   涙さしぐみかえりきぬ
 山のあなたになお遠く
   幸い住むとひとの言う ♪
 (カール・ブッセ作、上田敏訳)

子供の頃、落語の話で知ったこの詩は、
音韻の素晴らしで、意味もわからず暗記していたのですが、
その内容的な素晴らしさがわかったのは、大人になってからです。
最近、森永ヒ素ミルク中毒事件、 豊田商事事件、
産業廃棄物不法投棄・豊島事件など
数々の大事件を解決に導いた中坊公平氏の一文を読んだとき
再び、深く再確認した次第です。

それはさておき、童話「青い鳥」も、諺の「隣の芝生・・・」も
少しニュアンスは違いますが、カール・ブッセの詩と、
似たことを言っているようで感慨深く再認識したということもありました。

話がそれてしまいしましたが、
というわけで、古い映画「失われた地平線」
楽しく拝見したというお話でした。




ハイドパーク埼玉稲荷山公園ミュージックフェスティバル

さて 土曜日
フジテレビ721にて
「稲荷山公園ミュージックフェスティバル」
放映されました。
二日間の多くの出演ミュジシャンを一曲ずつ・・
でしたが
なかなか良かったですね。
最後に細野さんは三曲放送されました。
心に染みる「ろっかばいまいべいびぃ」でした。
そして「恋は桃色」
朴訥として、唄う細野さん・・
その素朴な音楽に、久々に触れた私は、
「ぼくはちょっと」を聴きたくなりました。

♪日向ぼっこでも してみませんか ♪

もちろんエリックアンダーソンもマークべノも
なんだかよかったけど・・

はちみつぱい アーリータイムス・ストリングス・バンド
村上律 松田幸一 洪栄龍 センチメンタルシティーロマンス
鈴木茂 麻田浩 佐野元彦 高野寛
西岡恭蔵バンド ラストショー・・・

じつは私はこのライブ二日間観にいったのですが・・
広々とした公園での野外コンサートは、久々に
気持ちのよいものでした。
あいにく二日目の後半は大雨でしたけど・・・。

皆年とったね(笑)
白髪頭に、老眼だけど・・でもカッコいいよ・・ほんと・・・。
ありのままだから・・。


不世出の銀幕スター 市川雷蔵

最近、「座頭市血笑旅」を観ました
座頭市!
この勝新のシリーズは数多く製作されましたが、いいですねぇ!
たまにどうしても観たくなる!(笑)。

勝新太郎は市川雷蔵とともに
大映の新進スターとして売り出されました。
それまでの大スター長谷川一夫の後継として・・!
 二人は同じ映画にも初期のころはよく出ていましたが、
やはり市川雷蔵の影を持った色気とでも言いますか
・・妖艶なる鋭さが一歩秀でていたようにも思えます。
 ですから 勝さんは「兵隊やくざ」「悪名」そして
「座頭市」と 美しくは無いが
男気とアウトロー的正義のヒーロー路線を進んでゆきます。
 
市川雷蔵は文学作品路線「炎上」「破戒」
それとご存知「眠狂四郎」シリーズ・・
と 
影のある悲劇的主人公を演じてゆきます。
 そして37歳で、悲劇的な病死・・涙)
 もちろん私は彼が亡くなってから、雷蔵ファンになりました。
 雷蔵がスターのころ、私は小学生へ入る前後だから、
日本映画のよさとかわかりませんでしたもの・・(悲)。

ちょうど、いまNHK教育で
「知るを楽しむ ~~私のこだわり人物 」
村松友視さんが語っています、
- 市川雷蔵~華麗なる翳(かげ)り - (全4回)

すでに終わりましたが、素晴らしい内容でした。

「白子屋駒子」三隅研二監督作品

先日、日本映画を三本観ました。

まず「陸軍」
昭和初期・・父親笠智衆と母親田中絹代
に育てられる一人の少年が出征していく姿をとおして
日本人の家庭での情愛と教育を描き、
当時の戦時下での社会を描いています。

父親笠智衆は頑固で誠実な、市井の純粋な軍国の父・・です。
そして母親田中絹代も軍国の母・・の役をしています。

最後の場面だっか
息子の出征を多くの観衆の中で
そっと控えめに見守っていた、気丈夫な母親・・。
しかし息子の乗った汽車が走り出すと、突然群集を掻き分け
無我夢中で汽車を追いかけようとして、走り出す・・。
この場面が心打たれます。

もちろん’44年製作ですから戦意高揚映画ですが、
そこは木下恵介・・反戦の色をそれとなく入れています。
 
次に「人間魚雷”回天”」を観ました。
これは戦後の作品で反戦映画ですが、
観ててつらいですね。
重い・・・落涙。
一言で反戦映画などと書きましたが
社会の問題と個人の問題の悲劇性等・・
いつも考えさせられます。
しかしあまりにも・・・。

今年知覧、昨年江田島を訪れたことを思い出しました。
 若いころの木村功、岡田英次、津島恵子・・等々 
良い役者が出演しています。

もちろん、二本とも大東亜戦争を描いたものでした。

もうひとつは
「白子屋駒子」三隅研二監督作品
享保の江戸日本橋の材木問屋、白子屋の一人娘・駒子・・・
絶世の美女として引く手あまた。
しかし彼女は、番頭・忠八と恋仲である。
駒子・・お駒の母は、愛人と共謀して養子を迎えることになる。
そして悲劇が始まる・・というお話。
お駒は山本富士子さんです。
美しい・・・の一言。

白子屋・・どこかで聞いた話・・
そうですね・・山中貞夫の日本映画史上の傑作といわれる
映画「人情紙風船」の設定と同じですね。
ここではお熊と忠七
それに小悪党髪結い新三

これは素晴らしい映画・・です。
もう三回観ました。

これはネタもとは
歌舞伎の「梅雨小袖昔八丈(つゆこそでむかしきはちじょう)」
 これもお熊と忠七 髪結い新三

私は歌舞伎が好きなのでこの芝居は
二回ほど観ています。
いいんですよこれが・・(笑)

今回この点調べましたら
大岡裁きの歴史的事件として
「亭主殺し未遂事件」が
もとになっているようですね。
これも 白子屋 お熊 忠七
質素な養子又四郎を嫌う派手好きのお熊は
手代忠七と密通し、又四郎を亡き者にし様と企んだ・・。
という話らしい。
お熊とその母お常が悪人となっています。

へぇ~~~って
なかなか面白い話であります。

サザンオールスターズ 「思い出のスター・ダスト」

久々に聴きました サザン「真夏の果実」
名曲!!メロディー歌詞ともに サザン得意の胸キュン路線!!
この一連の路線は素晴らしい
「C調言葉・・」も、歌詞はオチャラケだけど、
メロディーサビ・・同じ路線
「Melody(メロディ)」「Tunami」「涙のキッス」
といったあたりは同様の胸キュン路線ですね。
このパターン・・たまりません!!! 名曲

あともうひとつは
爽やか路線
「素顔で踊らせて」「栞のテーマ 」「ラチエン通りのシスター」
「涙のアベニュー」・・・他にも・・「愛する女性とのすれ違い」・・
この感じの曲調も名曲目白押し!! 書ききれませんね!

もうひとつは アップテンポのものと、ゆったり系大バラッド
「働けロック・バンド(Workin’ for T.V.)」
「Just a Little Bit」「旅姿六人衆」「慕情」
swimさんも挙げている「OH!クラウディア」・・

アップテンポの
「My Foreplay Music」
「Bye Bye My Love(U are the one)」
「ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)」

・・・・・・
とにかく名曲多過ぎて・・ほんとに桑田氏は凄いです。

その中で一曲といったら・・ちょっと渋いとこねらって(笑)
「朝方ムーンライト」・・・!!かな・・・

(「鎌倉物語」も もちろん候補なんだけど 
原由子嬢が唄っているので・・
 この「鎌倉物語」イントロが最高に素晴らしい・・
真の胸キュン!!ですね)

そうそう
とっても大好きな一曲 忘れていました
「思い出のスター・ダスト」
・・横浜・・高速道路横羽線、東神奈川出口の海ッ縁にあるバー
「スターダスト」
そのことと横浜の町並み、スタジアム・チャペル等
を情感こめて、自分の気持ちを謳いあげた名曲!

ソウルフルな女性コーラス フェンダーローズの響き
情感たっぷりな歌詞
八分の六拍子のパワフルな大バラード・・・
この曲は死ぬほど好きな一曲。

バー「スターダスト」は、もう二十年近く訪れていないし、
横浜に遊びに行くことも最近は少なくなったけど・・
でも関内の駅を降りて、横浜スタジアムの方へと
足を進めるとき。
いつもこの唄が、私の脳裏をよこぎります・・。

素晴らしいですね・・・落涙

♪ 秋風に 
  (忘れた・・)・・・・スタジアム ♪

のところが・・・心の琴線にぐっと来ます・
最高ですね。

そういえば、思い出しました。
サザンのライブ 西武球場・・何年前だろう・・
88年くらいかな・・雨が降ってて
一緒に行った女の子の高そうなバッグはビニールに入れたため
逆に水浸しで・・ダメになりました(笑)

席は悪かったのですが、我々が少し遅れて会場に向かうと、
雨の為帰る小学生の男の子とおばあさんの二人連れが
私達に物凄い前の席のチケットくださいました。
ありがたかったですね・・。

たぶん男の子はまだまだ聴いていたかったのだろうけど
おばあさんが雨で風邪でも引いたらと
男の子を説得して帰り始めたのでしょうね・・。
その男の子の心中・・察するに余りあるものがありました・・。

なんだかライブの音より、雨が気になって
今ひとつ楽しくないライブでしたね。
懐かしく今思い出しました。
カレンダー
11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

ieie

Author:ieie
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード