FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若狭路一人旅

若狭の旅・・・久々にひとりぶらぶら旅行ってきました。

いやぁ 素晴らしかったです。
ものすごい猛暑の中、レンタサイクルにて
明通寺と神宮寺・・・あの汗の量は尋常ではありません・・笑)

神宮寺は
毎年3月12日の深夜から13日未明にかけて
奈良二月堂にて行われる「お水取り」祭事
そのお水を送り出すのが神宮寺の湧き水です。
そのため「お水送り」の祭事が3月2日に行なわれます。
十日間にてならに送られると言うお話です。

また明通寺は以下
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%8E%E9%80%9A%E5%AF%BA

とまあ・・そんなこんなで旅館の前が海水浴場という好立地
水が透き通っていて美しかったです。

翌日は「おばまんじゅう」買って
「小浜市が大統領候補オバマ氏を勝手に応援する会」
製造のT シャツ買い込みました 笑)

書物も二冊読破できましたし、列車では景色みたりしたあと
曝睡していました。
鉄道の旅は素晴らしいですね。,
スポンサーサイト

映画「父と暮せば」

昨日は映画「父と暮せば」を観ました。

「父と暮せば」
これは素晴らしい作品です。まず・・落涙します。
そして原爆の酷さを改めて強く認識します。

つまり廣島に原爆が落ちた・・ということではなく
一人ひとりそれぞれの人生を生きていた方々の体に
落ちたのである・・・・ということです。

井上ひさし原作 黒木和雄監督
もともとが舞台劇なので映画もキャストは三人だけ
原田芳雄、宮沢りえ、浅野忠信の三人

それもほとんどは宮沢と原田の二人芝居。
宮沢さんも巧いし原田氏は当然のごとく素晴らしいですね・・
素晴らしい。

話は・・・・書かないでおきましょう
しかし冒頭から強く引き込まれる作品。
本当に・・哀しいけど・・素晴らしい作品です。
ぜひ多くの・・全世界の人々に観て頂きたい映画です。

廣島弁をできるだけ忠実に再現しようと言う努力が見て取れます。
こういう場合決まって地元のひとが発音がちがうとか
アアは言わない・・・って難癖つける人がいつもいますが・・笑)

この世の中に完璧なものなどどこにも無いのに・・・。

「唇をかみしめて」吉田拓郎 作詞
♪ええかげんな奴じゃけ
  ほっといてくれんさい
 あんたと一緒に
  泣きとうはありません ♪
(因みにこの曲は編曲「広島二人組」と記載されていて
その一人はロックバンド愛奴のギタリスト青山氏・・のはず・・)

2004年作品・・・「父と暮せば」
・・・・ほんとうに、ほんとうに観てよかった・・・・。


カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ieie

Author:ieie
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。