FC2ブログ

Cigar Bar&歌謡曲リクエストBar Sugar Town

映画 「博士の愛した数式」

「博士の愛した数式」を観ました。
素敵な映画ですね。
まず吉岡くんがなぜ数学の高校教師になったかを
最初の授業で話し始めるところから始まります。
それは彼の母親の話であり、その母親深津理絵が家政婦として、
記憶が80分しか維持できない数学者への尊敬と親しみの話でした。

「数式は美しい」いや数学は美しい・・・シンプルな・つまり簡潔な表現で
この宇宙の神秘までも表現する数学・・・
そしてその数学によって理論が進められる物理学
それらの根本にあるのは哲学であります。

その昔、高等学校の数学の問題を解くときに、
答えにいたる方法は複数ある場合でも、
より簡潔な証明の方が美しいということに
私も少し気がついたものであり数学に魅入られたものですが、
流石に理学部数学科に進もうとまでは思いませんでした。・・笑)

話を映画に戻しますと、その吉岡氏の授業の場面が面白いのですね。
自然数と0  そして整数
無理数と有理数
そして実数という分類は懐かしく復習できました。

たとえば1から10までの間は有限なのだけれど
1から10までの間にある数は無限である・・・とか
数学は不思議な魅力に満ちています。

映画に出てきます「友愛数」は初めて知りましたが、これも誠に
不思議で魅力的ですね。

自分自身を除く約数の和が自分自身と等しくなってしまう自然数「完全数」
も知らなかったというか・・(忘れていたのかもしれませんが)見事な不思議満ちていますね。

劇中 冒頭家政婦深津嬢に
深津「こんにちは家政婦の○○です」
寺尾「君の足のサイズはいくつかね?」
深津「はい 24です!」
寺尾「それは素晴らしい。4の階乗だ。実に潔い。まあ上がりたまえ」

う~ん この始まり・・実に潔い! 笑)
そして「博士の愛した数式」は「オイラーの公式」でした。
もちろん私は数学者ではないのでまったく初めて知りました。
しかし素人の私にもその美しさと不思議さがわかる・・そういう映画でしたね。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ieie

Author:ieie
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード