FC2ブログ

Cigar Bar&歌謡曲リクエストBar Sugar Town

市川雷蔵「眠狂四郎 悪女狩り」

昨日、
市川雷蔵「眠狂四郎 悪女狩り」観ました。
眠狂四郎シリーズ最後の作品
というかこの撮影後、もう一本撮って、
しばらくして再入院・・そして肝臓ガンのため逝去。

この作品は、眠狂四郎の偽者が登場する。
退院後の撮影なので、これにより本人市川雷蔵の体力の消耗を
考慮したのではないか・・。

劇中、眠狂四郎の市川雷蔵が、
鏡に映る自分を袈裟懸けに斬る場面があります。
まるでこの世から自分を消し去るがごとく・・・。

雷蔵の当たり役にして、原作の柴田錬三郎をして、
「彼しかいない」とまで言わしめたその同一性・・・。

この作品の最後に雷蔵はこうつぶやきます。
「眠狂四郎が何人いようとかまわんと思ったが、
やはり眠狂四郎は一人でよい」

なにか最後の作品であること、そして自分の死を予感していることを
暗示しているかのような台詞・・。

こんな映像です
http://www.cineplex.co.jp/news/2005/1008_n.html

斬った相手に対して・・
「この世は地獄だ。
 神というものを信ずるのなら
 あの世に行って確かめてみるのもよいだろう」

カッコいい~~~~~!!

映像・・台詞・・全てが儚いほど美しい・・ですね。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ieie

Author:ieie
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード