FC2ブログ

Cigar Bar&歌謡曲リクエストBar Sugar Town

映画「父と暮せば」

昨日は映画「父と暮せば」を観ました。

「父と暮せば」
これは素晴らしい作品です。まず・・落涙します。
そして原爆の酷さを改めて強く認識します。

つまり廣島に原爆が落ちた・・ということではなく
一人ひとりそれぞれの人生を生きていた方々の体に
落ちたのである・・・・ということです。

井上ひさし原作 黒木和雄監督
もともとが舞台劇なので映画もキャストは三人だけ
原田芳雄、宮沢りえ、浅野忠信の三人

それもほとんどは宮沢と原田の二人芝居。
宮沢さんも巧いし原田氏は当然のごとく素晴らしいですね・・
素晴らしい。

話は・・・・書かないでおきましょう
しかし冒頭から強く引き込まれる作品。
本当に・・哀しいけど・・素晴らしい作品です。
ぜひ多くの・・全世界の人々に観て頂きたい映画です。

廣島弁をできるだけ忠実に再現しようと言う努力が見て取れます。
こういう場合決まって地元のひとが発音がちがうとか
アアは言わない・・・って難癖つける人がいつもいますが・・笑)

この世の中に完璧なものなどどこにも無いのに・・・。

「唇をかみしめて」吉田拓郎 作詞
♪ええかげんな奴じゃけ
  ほっといてくれんさい
 あんたと一緒に
  泣きとうはありません ♪
(因みにこの曲は編曲「広島二人組」と記載されていて
その一人はロックバンド愛奴のギタリスト青山氏・・のはず・・)

2004年作品・・・「父と暮せば」
・・・・ほんとうに、ほんとうに観てよかった・・・・。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ieie

Author:ieie
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード