FC2ブログ

Cigar Bar&歌謡曲リクエストBar Sugar Town

相米慎二監督の98年作品「あ、春」

昨日は相米慎二監督の98年作品「あ、春」を観ました。
これは二回目ですが、やっぱり言葉で説明できない素敵な映画です。

なんといっても佐藤浩市が主演
彼はバブルの真っ最中に入社した証券マン、その妻斉藤由貴は天然というか
鈍感的良心の持ち主、そしてその母親が藤村志保。
この藤村さんがイライラしたり心配したり・・などの振りが素晴らしいです。
そして山崎努さん・・主人公五歳のとき家出した父親。
彼がこの家にひょんなことから現れて、ドラマは始まります。
観客はハラハラしながら心痛めながら、かつ笑いながらドラマは進行します。

さらに凄いのが主人公の母親が富司純子なのです。

かつての東映大女優富司純子、そしてかつての大映大女優藤村志保・・
その間に山崎努、さらに佐藤浩市

このふたりの大女優の風格にしてみりゃ・・・佐藤浩市さんはひよっ子みたいな感じ・・??笑)
それがまた観てて楽しいですね。
・・・・凄い役者の凄い演技が、さらっーーーと流れていきます。
この映画は・・・素敵ですね

そしてこの映画の主題のひとつが
浜田省吾「DARKNESS IN THE HEART」の歌詞に見られる
♪思い出す病室で痩せていく父の姿を 
  (中略) 車の窓に映っているおれの顔 彼に似ている ♪
といった部分・・・
つまり息子と父性との確執です。
それは「生まれたところを・・」でも唄われている点ですね。

とまあそんなこんな映画で、素敵な映画です。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ieie

Author:ieie
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード