FC2ブログ

Cigar Bar&歌謡曲リクエストBar Sugar Town

ニューオーリンズの被災に思う

いまさらここで書かなくても、
ニューオーリンズがたいへんな被災を受けたことは、
報道にて皆さんご存知ですが、
当地は亜米利加の音楽 ジャズ・ブルースなどの発祥の聖地ですよね。

ですから私達音楽ファンにとっての人間国宝(笑)がいっぱい居るところです。

そのニューオーリンズへは、売れっ子キーボードの小島さんも
行っていて、セッション仕事していますが、
その前に、単身ニューオーリンズに渡り、
その厳しい音楽業界に身をおいて、
亜米利加の「ギターマガジン」の表紙も飾り、
来日コンサートをいくつもこなしている日本人の至宝ギタリスト山岸さん。

山岸さんの話
「最初 行ったとき、 もう凄いミュージシャンがごろごろいて、
ティナターナーみたいなのが、その辺にぎょうさんいるわけよ。
 例えば俺が、セッション大会なんかで、出演するとき、
ある耳の聞こえないおっさんが、物凄い、素晴らしいゴスペルを
バックのコーラスとあわせて・・凄いよ!
耳聞こえへんのに・・。
そんなのざら・・日本なんかとレベルが違う
もう手を広げるしかない(笑)
その後に、おれに何せいちゅうんや?
俺なんにもできへんやん、
そんな凄いおっさんのあと・・
それくらい最初行ったときは打ちのめされたね。」

凄い話ですね。
しかしかれはその中で、自分のギター一本で、ふんばって、
現在パパグロウズファンクという凄いバンドの一員というリーダーですね。

この前書きましたが、
日比谷でのライブ・・やっぱり バッキングでもソロでも
フレーズの最初から凄いグルーブだしてきて、違いますからね!
探ったりしないから・・。

ほんとしみじみ思いました。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ieie

Author:ieie
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード