FC2ブログ

Cigar Bar&歌謡曲リクエストBar Sugar Town

「あの頃ペニーレインと」 キャメロンクロウ

ロックバンド映画で、友人が録ってくれてた
「あの頃ペニーレインと」を観ました。
2000年の映画
監督は「バニラスカイ」等のキャメロンクロウ

ストーリーはこうです。
1971年だったか?・・
厳格な母親に育てられたウィリアム少年
かれは家出した姉から
「ベッドの下に自由がある」
と伝えられる。
そしてベットの下を探ると・・
そこには姉の集めたロックミュージックのレコードが十枚ほど・・。
ビーチボーイズ「ペットサウンド」を頭に
ディラン、ツェッペリン、フー、ジョニ・ミッチェル・・・。

 彼はロックミュージックの虜になり、
若干15歳でローリングストーン誌のライターとなる。
 そしてあるバンドの記事を書く為、彼らの追っかけ・・
つまりグルーピーとともに旅に出る
・・・という青春映画。

 ストーリーはたいしたこと無いけれど
主人公のウィリアム少年が監督キャメロンクロウの少年時代を
モデルににしているそうです。
 そこが凄い!

フェイセズ、レッド・ツェッペリン、ザ・フー、
ボブ・ディラン、ビーチボーイズ、ストーンズ、
ビートルズ、エルトン・ジョン、クリーム、
ジミ・ヘン、ブラック・サバス
...あまりに有名なロック・アーティストたちが、
綺羅星のごとく席巻した60年代後半から70年代初頭にかけて・・・。
この眩しいばかりのロックミュージックの時代が
(イーグルス「ホテルカリフォルニア」の歌詞に歌われているように)
終焉を告げようとしている1972年~73年
 ロックミュージックが巨大な商売となることを理解した
大手レコード会社に飲み込まれてゆくミュージシャン達。
そこには「SEX・ドラッグ・ロックンロールと自由」という
描いていた反社会的な路が、
逆に巨大な商業主義のロックミュージックを売り出す看板
となっていくという矛盾への鎮魂がうかがえます。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ieie

Author:ieie
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード