FC2ブログ

Cigar Bar&歌謡曲リクエストBar Sugar Town

映画 「卒業」1967年 と 名曲「Scarborough Fair/Canticle」斉唱

映画「卒業」観ました。
有名な映画ですね。
昔テレビで高校のときだったか観ましたが、よくわからない映画でした。
いや普通の男女恋愛部分とかはわかりますが
この映画の基本的主題・・・青春への決別・大人になることととか
夫婦の問題や老いと若さなど・・・そして無常観・・・
それら当然十代の私にはわかりませんでした。

そしてこの歳になって観ました。よくわかります。
風景も美しいし、社会問題が噴出してきたけれど、
いまだ世界一裕福な国家の片鱗がそこかしこに観れます。

そしてS6Gの美しい音楽
とくにバークレー大学にエレイン
を探しに行く時に何度も流れる名曲
「Scarborough Fair/Canticle」斉唱
今聴いても聞きほれてしまう完璧なチューン
その音の清涼感とメロディーの美しさ
そして歌っているアートガーファンクルの声の素晴らしさ。

新しいといわれている録音・音が
じつはチープであったりする事も事実であり、
年代的に古いものが音楽的力が無いという事は決して無い。
もちろん古くて今となっては・・というのもあるけれど
それは今の録音最新音楽でも、コンテンポラリーでもなく、
力の無い音・楽曲は多数あります。
ほんとうの名曲といわれているものは、いつまでも残りますね。
だから多くのカバーが出るのですね。
敬意と愛情を込めたカバーの数々が・・・・

世紀の名曲のひとつです。

卒業
そして・・・映画「卒業」ラスト
エレインを教会から略奪した後、乗り合いバスで逃げる所が
とても印象に残っています。

このあまりに有名なエンディングですが
今回きちんと観てわかりました。
バスの後部座席に座ったエレインは最初だけ
笑顔なのですが、すぐに目が宙に漂い、
今後のことに・・不安感が押し寄せてきたことを
キャメラは捉えます。
そしてベンジャミン(ダスティンホフマン)も横を見たりして、
現実を思いやや困惑が見て取れます。

そして彼らを振り向く満員のバスの乗客はすべて
老人の男女なのです。
つまり、いまは若いが故の行動も一瞬の幸せも
このバスの行き着く先には、
誰もが経験する「老い」と「苦い経験」と「長い人生」が待っている・・

そういう暗示で満ちていて、エンドロールとなる・・・。
監督マイク・ニコルズ・・・素晴らしいです。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ieie

Author:ieie
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード