FC2ブログ

Cigar Bar&歌謡曲リクエストBar Sugar Town

東宝映画「名もなく貧しく美しく」 1961年

標題の1961年東宝映画「名もなく貧しく美しく」を観ました。
この作品は名作といわれている作品で
いつかきちんと観なければならない、と思ってはいましたが
なかなかその気になれず・・
というのもたぶん涙が出てしょうがないことがわかっていましたし
つらくなる自分が想像できましたから・・・。
「蛍の墓」や「禁じられた遊び」と同じように、哀しくてつらい・・
と想像して観ていませんでした。
名もなく貧しく

観ました。
落涙・・・しかしその主人公夫婦高峰秀子さんと小林桂樹さんの
手話のひとつひとつや、あるいは成長した息子の精神性の高さ
夫婦の母親の言葉などに、人生の奥深い箴言がこめられており、
涙の中に自分の心も洗われます。生きる勇気も出てきます。
松山善三監督脚本・・・素晴らしいですね。
のちに彼は主演の高峰秀子さんと結婚します。

耳の聞えない夫婦の社会で生きていく苦しさや戦後の日本の姿を
描きながら、心根の美しさがいかに人生の幸福と密接であるか・・!!
そして美しい心と誠実な生き方は決して道徳の教科書の中だけではなく、
親や大人の厳しくとも深い愛情によって育まれる、
もともと持っている人間の尊厳なのかもしれない・・
と考えさせられます。
今のこの時代でも・・いや今の時代こそこの様な作品が子供や若い方に
観ていただきたいと思うのは私だけではないと信じています。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ieie

Author:ieie
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード