FC2ブログ

Cigar Bar&歌謡曲リクエストBar Sugar Town

ヒロスケ センチメンタルシティーロマンス 山崎ハコ 近田春夫 などなど

昨日は ヒロスケのアルバムを聴いていました。
初期の浜田省吾の感じで、クレジット見ますと
水谷公夫、佐藤準などなど浜田省吾を支えたスタジオミュージシャン・アレンジャーなどが名を連ねています。
なるほど・・ってなわけです。

シオンまで渋い感じでではないのですが、R&Bやロックンロールなどに根差したヒロスケ作品は
良いですね。
TVドラマ「ハングマン」のテーマソングだった「あれから」や「いくつかの星が流れ」などは、
かなり良い曲ですね。
こういった投げやり・やさぐれボーカル・メロディーアレンジの曲は好きで、
同じころだと思いますが伊丹哲也とサイドバイサイド「街が泣いていた」などは
私のフェバリット曲なのです。

昨日はあとティンパンアリー、近田春夫、センチメンタルシティーロマンス
などのアルバム聴いてました。
センチの「あの娘の窓明かり」や「雨はいつか」「夏の日の想い出~DancingMusic」など
・・・名曲ですね
センチ


もうひとつ
山崎ハコ 最近よく聴いています
特に好きなのは・・・「サヨナラの鐘」
これはもう・・・素晴らしい。

というのも・・香坂みゆきのシングルで聴いたいたとき、(もちろん私の7インチシングル)
実はオリジナルは山崎ハコであることが知らされ・・山崎ハコのアルバムからかけて聴いたところ
うわっ 名曲だっ・・そして頭の中に整理してなかった!!・・ことが解かりました。

香坂みゆきのシングルカバーバージョンはああ・・これか・・くらいで
とりたてて良いと思うこともなく悪いと思うこともなく、まあ良い曲だなぁ・・程度だったのですが・・
続けてハコバージョン聴いたら・・・心に染みる名曲じゃないですか・・!!

たまにあるのですね・・こういうの・・うっかり聞き逃していたもの
まあ・・一生かかってもすべて聴けないくらい何万枚もレコード・CD持っているとはいえ
こういうことはちょっと自戒の念も込めて残念だと考えますが・・反面
またまだ奥が深い音楽ポップスロックの旅・・これがあるからやめられないって思います。
山崎ハコ


名曲との邂逅を繰り返して、またその時の感動や感激を求めての探検・・
これは思春期にポップミュージックの魔法にかかった人々の誰もがたどる道なのですよ
昨日もそういう仲間といろんなレコードCDかけて聴いて、ユダヤ系の人々がアメリカ新大陸でいかにして
音楽業界を作っていったかや、白人のカントリーフォークやクラッシックと黒人のブルース労働歌ゴスペル
が南部で、とくにニューオーリンズという港町で船員たちが持ってきたいろんな港町の音楽なども混ざり、
いかしにしてロックンロールR&Bポップミュージックドゥーワップモダンブルースになっていくかを・・
みんなで話していました。

ポップロックミュージックが最も優れたものを生産し、
それを享受できた時代を過ごしてきたことに感謝しています
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ieie

Author:ieie
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード