FC2ブログ

Cigar Bar&歌謡曲リクエストBar Sugar Town

筒美京平

筒美京平さんの作品を集めたCDを思い切ってまとめて買いました。

「筒美京平ウルトラ・ベスト・トラックス ~ポリグラム編」
「筒美京平 ULTLA BEST TRACKS / 70's COLLECTION」
「筒美京平 ULTLA BEST TRACKS / 80's GIRLIE POP」
「筒美京平 ULTLA BEST TRACKS / SOUL & DISCO」
「筒美京平ソロ・ワークス・コレクション-コロムビア編」
「筒美京平ソロ・ワークス・コレクション(キング編)」

筒美氏の凄いとこは、一切表舞台に出てこない・・ということですね。
もちろん自分のアルバムも出さない。
写真とかでも・・私は永く見たこともありませんでした。
しかし名前は超有名 その作った曲の数たるや・・凄い数ですし
またヒットしたものといってもあまりに多すぎて・・・
三十年にわたってずっとヒット作曲家としてフロントランナーでいつづけた凄さ・・・・
筒美氏はソングライターとして凄すぎてここで書くには
紙数と時間が足りませんね。(笑)
簡単な経歴を(私の記憶なので・・違うかも)
青学のジャス研でピアノ弾いていた筒美氏は、同じジャズ研の先輩である
ヒット作詞家の橋本氏に誘われて、その道を歩み始めることとなったそうですね。

その昔 山下達郎氏・大貫妙子嬢らが筒美さんの曲でのコーラス入れを頼まれて
スタジオに行きました。
彼らは「歌謡曲とやらにロック・サブカルチャーのわれわれが殴り込みだ・・笑」
って意気で向かいました。
ところが筒美氏が
「君たちの音楽があるかもしれないけど、こんな音楽もあるってことで、
まあ・・気楽にやってください・・笑)」
と笑顔で言われたので・・拍子抜けしたとかしないとか・・(笑)
そのとき「凄いなぁ・・」と・・思ったそうですね。

私の場合は、ロック音楽を70 年代から60年代50年代と遡って聴いていって、
ドゥワップ・ロックンロール、ブルース・ジャズ聴いて、
そしてもう一度現在に向かってR&B・ソウルミュージックを聴いてきて、
次に何をと思ったとき、歌謡曲を聴きました。
そして70年代80年代の歌謡曲の中で、自分の好きな曲の作曲者には必ず
筒美氏の名前がありました。
「そうか・・歌手ではなく、私は筒美氏を聴いていたんだなぁ・・」と
はっきり意識したとうわけですね。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ieie

Author:ieie
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード